早く生えた!眉毛を濃くする方法※私はこの眉育で効果が出ました

眉毛が生まれつき薄いといって眉毛タトゥーはおすすめできない理由

生まれつきの悩みは様々ありますが、その中でも特に多いのが人が一番目に入る顔部分。

 

最近は昔みたいに細眉ではなくナチュラルな太い眉毛が人気になっていることから眉毛に関する悩みが多いようです。

 

眉毛が元々太くて濃い人は薄い眉毛にアイブロウペンシルを使えば問題ないと思う人も多いかもしれません。

 

しかし、ナチュラル思考の眉毛が流行り始めた今、薄い眉毛からペンシルを使用して書くとどうしても「眉毛を書いてます」風になってしまいます。

 

また眉毛タトゥーも生まれつき眉毛が薄い人からすると人気の改善策の一つになっていますが、これはおススメはできません

 

確かに眉にタトゥーを入れればはっきりとした眉を作ることができ、汗や水に濡れてしまった場合でも流れ落ちることがないので、以前のように薄いことで悩むことがなくなると考える人が出ています。

 

ただタトゥーです

 

刺青ですので一度入れてしまうと一生消えることはありません。

 

眉毛には様々な時代の変化により太眉になったり細眉になったりブームが変化していきます。

 

今が太い眉毛が流行っていると言って太い眉毛のタトゥーを入れるとその後に細い眉毛が流行ってしまったら細い眉に変えることができません。

 

また太い眉と言ってもナチュラルが大事になってきますので、太い眉のタトゥーとかは上記でありました「いかにも書いてる」ような違和感がある眉になってしまいます。

 

その逆も同じで細眉にタトゥーを入れた後に太い眉が流行ってきても変えることができません。

 

アイブロウペンシルで書きたそうとしてもどうしてもタトゥーでいれた色とアイブロウで書いた色のコントラストが合わずこれもまた違和感が出てしまう眉になってしまいます。

 

やはり時代にあってその都度眉を変えていくことができる自分の眉毛を生やすことが一番最適で眉のタトゥーは止めておくことが無難です。

 

生まれつき眉毛が細く少ない人はどうしたら濃く生えてくるのか?

 

それは眉毛育毛剤を使用することです。

 

髪の毛と同じで眉毛にも毛根に有効成分を与えることで眠っていた毛母細胞を活性化させ、眉毛を太く生やすことが可能になります。

 

ただ頭髪用の育毛剤は眉毛に使用することができませんでしたが、ついに眉毛の育毛に特化した育毛剤が発売されて話題を呼んでいます。

 

生まれつき眉毛が薄い人は「もう生えてこない」を諦めずに一度眉育に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

⇒眉育に挑戦する